FC2ブログ
プロフィール

かみたに

Author:かみたに
読んでいただいて有り難うございます。
兵庫県宝塚市でかみたに接骨院の院長をしています。

My Home ; 何もできなくて


書こうか書くまいか迷いましたが、師走の勢いも借りて、自分の今の気持ちを残しておこうと決意しました。

...この秋に、ひとりの友人が逝きました...

■■■■■■■■■■

昔、“かみたに”が いつものごとく失恋して、いつもの居酒屋で飲んでいたら、隣りに座っていたその友人が「何もできなくてごめんね」って言ってくれたのが、その酔った顔と共に今もずっと残っている。

その友人もその失恋相手をよく知っていて、ちょくちょくいっしょに遊んでたから出た言葉だけど、「恋愛ごとだから、別にお前が悪いわけじゃない」とかなんとか言いながら、いっしょにその夜もシコタマ酔った。

■■■■■■■■■■

みんなが、「いっしょに飲みたいなぁ」と思う人、「和気あいあいとなりたいなぁ」と思う人であり、好かれるタイプだった。

会社の野球チームではエースだった。
肩や腰を痛そうにしていた時もあった。今、近くに住んでいたら何かできたかもしれない。

タバコを吸うしぐさが格好良く、うまそうに吸うから、“かみたに”も、一時 本数が増えた。
トラックの荷をロープで縛りつける時も、くわえタバコで格好良く。
ロープテクニックがさすがだった。なにせ実家が業務用テーブルとかの商売をしていたから。

ギターがうまかったし、バンマスだったし、絵も上手。

夏だったか、休みの日にジーンズにTシャツ姿に裸足にサンダルで、缶ビール片手に一人で散歩してた。
“かみたに”には真似できない、スケールや存在感があった。

でも時には、いつもの居酒屋の戸を開けると、カウンターでその友人がひとりで飲んでいて、「あぁ゛ーっ、ひとりでさみしかったんだよぉ~」と弱気な面を出すこともあった。

同じ女性が好きになったことも。...結果、もちろん俺が敗北。勝てない。

喧嘩したこともあった。
仲直りして飲んだ夜、その友人の社員寮で雑魚寝した。
6畳の寮の部屋に、物がいっぱいあったその部屋で、二人雑魚寝した。

仲間といっしょに、海へ行ったし、山へ行ったし、島へも行った。
夏のキャンプで、朝から瓶ビールで乾杯する無茶もした。

地域のお祭りなんかでは、バンドで演奏をして楽しかった。何回したかな?

近藤房之助のライブへみんなで行ったね。

野郎二人で観に行った映画は「ツイスター」だったっけ?
エンディングテーマが「Van Halenだよ」って教えてくれたね。
5月の頃だったか、映画の帰りに藤棚がきれいな神社へ「行く?」って聞いたら すぐに「帰る」って言われたっけ。

仲間の披露宴では、余興をいっしょにやった。
一生懸命愉快なことや、バカなことを考えた。
その笑い声が、今でも聞こえてきそう。

■■■■■■■■■■

...と、これくらいにしといて...またいつか加えよう...

同じ楽しい時間を過ごせて、すごく良かった。
俺の方こそ、あなたに何もできなかった。 


幸せになるために
※“かみたに”としては、WANDSをコピーした頃がすごく深い。
スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント